お葬式の費用と祭壇選び

心をこめて送りたいといいつつもお葬式には非常にシビアなお金の問題がついてきます。祭壇は葬儀のメインとなり見積もりのうえではお葬式の費用の基本費用に含まれるのが通常です。ちなみに祭壇に飾られた花は最後の出棺のときに摘み取られた、遺族の手で棺に眠る故人のまわりに敷き詰められます。告別式から出棺までは一時間とあまり余裕がないため、この別れはあわただしいものになりますが、花を手向けて見送るお葬式は心に残るものです。

近年は生花祭壇が主流で伝統的な白木祭壇よりも高くなりますが、故人らしさが感じられる花を飾ることができます。生花祭壇の一般的な価格の目安は20万円から50万円で、オプションなどをくわえていけば天井知らずです。また、祭壇のサイズや装飾の有無で料金は変わってきます。オプションで供花や果物などの盛物などを加えていけばその分ももちろん料金にプラスされるシステムです。

祭壇の大きさや豪華さがお葬式において、死を悼む気持ちに比例するわけではありませんから、あくまでも自分らしさや故人らしさを考えて見極めることが大事になります。人件費を含めて祭壇一式という表現がかつてはよくされていましたが、見積もりの項目が詳細になるにしたがって、純粋に祭壇のみの料金を表示する場合が増えています、とはいえ、設置費用も含めて祭壇設営費などの項目で表示されている葬儀社もあるので、何が含まれて何が含まれていないのかを確認する事が大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *