お葬式に着て行く服装のマナーとは

遺族や親族にあたる喪家側は、お葬式で正式な礼装をするのが一般的でした。しかし近年では、男女共に洋装する人が多く見られます。和装であっても洋装であっても、格差が出ることはありません。男性の場合はシングルかダブルのブラックスーツが一般的であり、シャツは白無地でネクタイは黒無地が基本となります。

またアクセサリーや時計は派手な印象を与えてしまうため、出来れば付けない方が良いでしょう。もし付ける場合は、シンプルな物にする事です。靴下は黒無地で、靴は光沢のない物を選ぶようにする事です。女性の洋装の場合、正式礼装で上着は長袖でスカートは丈の長めの物を選びましょう。

そしてストッキングは、柄やラメが入っている物やタイツは避けて、黒無地にします。靴と鞄は黒の布製が最もふさわしくなっています。革製の物でも良いのですが、光沢や金属の飾りがない物を選ぶ事です。靴は、出来るだけヒールの低めの物を選び、パンプスが最もふさわしくなっています。

お葬式に和装を着て行く場合は、冬は羽二重か一越ちりめん、夏は駒絽か平絽の物というように季節に合った素材の着物を選ぶようにしましょう。そして、半襟と足袋と襦袢は白に揃え、それ以外の帯や帯締めや帯揚げや草履やバッグなどの小物は黒で統一するようにしましょう。お葬式に参列者として参列する場合は、男性はブラックスーツもしくはダークスーツ、女性は黒や地味な色のアンサンブルもしくはスーツかワンピースとなります。和装にする場合は、地味な色に無地の物が良く、帯は黒が一般的となります。

浦安で葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *