お葬式に出席する上でのマナー

冠婚葬祭の中でもお葬式は、故人を見送ることになるため、社会人であればきちんとしたマナーを守り参列しないといけません。現在は仕事などの関係で、夜に行うお通夜だけに出席し、日中行うお葬式には参列しないケースが増えているようです。そのため、以前はお通夜のときは突然の出来事ということで、お通夜に行くときの服装はそこまで固いものではなかったのですが、現在はお通夜でも喪服を着ていくことが主流になってきているようです。お葬式では喪服が当たり前ですが、髪形などもきちんとしないといけません。

髪の色があまりに明るかったり、明らかにパーマが強くかかっている場合などは、ある程度わからないようにする必要があります。また女性が履くストッキングはもちろん黒ですが、タイツではなく少し肌の色が透けるものがいいとされています。ただ、真冬の時期の葬儀に関しては、長時間になることや外で待つこともありますので、そのときにはタイツでも差支えないでしょう。男性も髪型などの身なりはしっかり整えたうえで出席することが望ましいです。

お葬式は結婚式などとちがい、事前に日程が決まっているものではありません。いつ、何があってもいいように、葬儀用のものは一式そろえておくことをおすすめします。サイズもぴったりのもを買ってしまうと、その先で体のサイズが変わったりすることが考えられるため、長く着るためには少しゆとりのあるものの方が長く着ることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *