関心が高まっているお葬式について

家庭や個人で、お葬式について検討するケースが増えています。その理由として、さまざまな種類のお葬式が増えていることが関係しています。仏教やキリスト教など、宗派にこだわらないお葬式を実現することも可能ですから、選択肢は豊富です。もしも身内や自分のために、納得できるお葬式を挙げたいならば、できる限り情報を集めることが重要です。

その場合には、式のスタイルだけではなく、費用についても考慮する必要があります。なぜなら、費用の節約が可能だからです。直葬ならば、火葬のみ行いますので、費用を大幅に減らすことができます。さらに、喪主が高齢などの理由から、一般葬のように会葬者をもてなすことが難しい場合に最適です。

ごく身近な親近者だけで見送ることが多いという特徴があります。通夜や告別式を開きませんので、喪主や親近者が多忙な場合に適しています。また、墓を建てることを希望していない時は、樹木葬や海洋葬がおすすめです。子孫が遠方に住んでいたり、墓の後継者がいない場合に適しているお葬式です。

樹木葬は、里山など行政が定めた区画に遺灰を撒きます。花や木を植えることもありますので、希望するならば詳細を調べてから選ぶべきです。さらに、海洋葬は、船に乗って遺灰を海に流します。海洋葬が認められている範囲も決まっていますから気をつけましょう。

まずは、樹木葬および海洋葬を受け付けている葬祭会社に連絡を入れて、場所や費用を確認すべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *