時代の流れとともに変わる葬儀スタイル

葬儀というと、誰かが無くなって通夜や告別式を行う事が慣例とされてきている中、「直葬」という葬儀スタイルが最近都会を中心に増えています。直葬とは宗教的儀式の通夜や告別式を行わずに火葬のみを行うスタイルです。どういった方が利用されるかというと、身内が少なかったり、宗教自体に信仰がない、故人の生前の意思等が主な理由です。直葬では通夜や告別式がない分、葬儀費用としては他のプランよりも格安で行う事が可能です。

一般的な葬儀ではオプションをつけて行うと200万円程度トータルでかかる所、直葬では余分なオプションもつけずに必要最低限の装備で15万円前後で出来てしまう場合が多いです。終活も世の中で認知される事も多く、エンディングノートで残された遺族に負担をかけたくないから直葬を希望する故人もいます。直葬で気をつけたい点は残された親族の了解が得ているかどうかで後にトラブルになるケースもあります。後日弔問客の訪問で応対する遺族の負担も少なからずあります。

また、死亡してから火葬まで安置する場所も確保しておく必要があります。中には業者が追加で安置所を確保してくれる場合もありますが、直葬プランの場合には含まれないケースもあるので注意が必要です。やはり遺族や親戚にとってはゆっくりお別れをしたいけども費用の面や他の弔問客の応対でゆっくりお別れをしていられないという人には一般的な葬儀よりも規模が小さ目な「家族葬」も最近では人気があります。通夜や告別式も行う場合もありますが、参列者も限られた人数で行うのでゆっくり故人と向き合う時間が出来るので家族葬のプランを取り入れる業者も多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *