社会の変化と共に小さくなってゆく葬儀の規模

かつては人が亡くなってお葬式を執り行うのは隣近所がみなで助け合ってその地域のしきたりに合わせて行うのが一般的でした。しかし特に都市部では核家族化が進んでいるために、高齢者だけの世帯というのも多くなってきており、隣近所とのお付き合いも希薄になって、その結果孤独死のような痛ましい状況が今では珍しくなくなっています。葬儀に関しても、子供などの血縁がいない人や、いても遠方にいて何年も会ったことがないという状況も少なくはないため、昔のように隣近所みなで力を合わせてお葬式を執り行うことはおろか、時にお葬式そのものを行わないと言う選択をする人さえいます。核家族化に加え驚くべき速さで進んでゆく少子高齢化の波は伝統的な葬儀に対する考え方にも大きな変化を起こしています。

葬儀に対してそれ程費用をかけることができないと言う事情を抱える人もおり、お葬式は最小の規模で行い、告別式と火葬を一日で行なう形式を選択する人も増えています。大掛かりな準備は不要で予算もそれ程高額にならないため、遺族への負担もそれ程大きくならずに済み、本当に近親者だけで故人を送ることができるというのが多くの人に選ばれている理由のひとつです。どんな事情があるにせよ、お葬式というのは亡くなった人との最後の別れのための儀式です。社会情勢の変化や家族のあり方などが変わってきたことで、いやおう無しに葬儀に対する考えも変化せざるを得ない現代では、自分の死後にどのような形で弔ってもらいたいのかを生前に整理しておくことも大切なのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *