葬儀にかかる費用と、抑えるポイント。

人間いつか死ぬ時がやってくるので、お葬式を行う機会は必ずやってきます。しかしあまり行うことがない以上、その費用については知らないことが多々あります。まずお葬式でかかる費用の内訳とは、「葬儀費用」、「実費費用」、「お布施」と3つに分かれています。それら全部を含めて総葬儀費として計上されるのですが、業者が広告に出しているのはは葬儀費用のみで他のものが含まれていないものが一般的です。

そのため100万円で行うことができますよと言われても、実際の請求がさらにかさんでしまうことが普通にあります。このことを知らないでいると、後で大変なことになります。この葬儀費用はおもに会場費と祭壇、それに人件費がほとんどです。会場費と人件費についてはどうにもなりませんが、祭壇についてランクを選ぶことでその費用を選ぶことができます。

正直な話、祭壇の費用はあってないようなもので、この部分で業者の利益を大きく決めることができます。業者の口車に乗せられずに、本当に豪華な祭壇が必要なのかじっくり考えるようにしてください。実費費用というのは、料理や返礼品、供花などの費用です。これらは業者が手配して他のお店などに用意させるので、一時的に立て替えてあります。

そのためお葬式が終わるまで実際にいくらかかるか分からない事が一般的です。料理や返礼品についても自分で選べることができるので、ここもよく考えてから選択しましょう。お布施はお坊さんの読経や、頂いた戒名に支払うお金です。お布施には決まった相場がないので、どうすればよいか分からないことが多いです。

参考までに全国平均を言っておくと、50万円程度になります。最近ではお寺のない葬儀専門の住職もいるので、特にお寺とのお付き合いがない方は、こちらを利用すると相場の半額程度で済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *