人々に間に興味関心が広がる自然葬というあり方

世の中には数多くの種類の葬儀の手法が存在します。故人やその家族が信仰する宗教に基づいてそれを選択する場合もあれば、宗教者がそれを指定する場合もありますが、最も尊重すべきは故人の遺言や生前の希望に尽きるでしょう。そのような中で最近特に注目を集めているのが自然葬というやり方です。自然葬とは、人間が自然から生まれ自然に戻っていくという死生観に基づき、故人が荼毘にふされたあと、その遺骨や遺灰を自然へと散骨するというものです。

主に海や河、樹のふもとなどに撒き、その後はそれらの海や河、樹などを訪れて故人を偲びます。またはすでに自然へと還ったものとしておまいりは行わない人もいます。そもそも、多くの人は亡くなるとその遺骨を先祖代々の墓に安置するという文化的習慣を持っていますが、しかし少子高齢化などによって先祖代々の墓を維持するのは難しくなっており、また、墓地を限定することで子孫がその土地に縛られてしまうというデメリットも増えてしまいます。かといって、新たに移り住んだ土地にて新たな墓地を購入するのも金銭的な負担が大きいもの。

そのような背景もあり、人々の関心はますます自然葬へと向いているのです。この自然葬を執り行うにはその手法やノウハウに詳しい葬儀会社に相談を持ちかけるとよいでしょう。その上で重要になるのがどこに遺骨をまくかということに尽きます。過去にも幾度も先例があり、なおかつ誰にも迷惑をかけることのない場所であることが求められます。

市川で葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *