自然葬を望むなら生前に準備しておくと安心

自然葬とは、死後、遺骨を散骨をしたり、自然の中に埋めたりする埋葬の方法です。この埋葬方法は、死後に自然と一体となるという考えのもとに行われています。従来の日本では、死後は、墓石をたて、そこに代々遺骨を埋葬する形が多く見られます。しかし近年では、埋葬方法なども多様化し、自然葬を望む人も増えてきています。

考えられる理由としては、核家族化によって、子孫が墓を代々守ることが難しくなっていることや、墓地や墓石の購入費用が高い従来の埋葬方法に疑問を持つ人が増えたなど、さまざまなものが考えられます。散骨など、死後、自然にかえるという埋葬方法は、昔から世界中で行われています。また、亡くなった人が生前に希望していたので、自然葬にするというケースも多く見られます。日本でも、自然葬は認められています。

しかし、勝手に遺骨をまいたり、埋めたりして良いという訳ではありません。人が亡くなった時には、きちんと届け出をして、所定の手続きをしたうえで行う必要があります。そうしなければ、違法になってしまいます。一般的な葬儀社では、自然葬を取り扱っていないことも多いので、事前に確認をしておくことが必要です。

海や山に散骨して欲しい、あるいは木の根元に埋めてほしいなどの希望がある場合には、生前に自分で手配をしておくと安心です。あらかじめ、そのような相談を受け、死後の手配を希望通りにしてくれる業者があります。費用なども生前に積立できるケースなどもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *