最近よく聞く自然葬ってなんだろう

自然葬とは、海や山などに遺体や遺灰を散骨するなどして自然の大きな循環の中に回帰していこうとする埋葬の方法の一つです。墓に埋葬しないため、墓地や霊園を造成しない環境に優しいところや少子化や核家族化が進みこれまでのような家系を中心としたお墓の管理をしなくてもよいというメリットがあります。また、費用も格安で済みます。自然葬は、特に必要な届出や書類もありません。

業者に頼まず、ご遺族と故人で話あって独自に好きな場所に散骨を行うことも可能です。故人を火葬した後、四十九日後を目処に骨を細かくしてから、海、山、川、海外、またはご自宅の庭など、法律で禁止されておらず土地の所有者が許可した場所にご遺族が散骨をすれば完了です。大事なことは、粉末状になるまで遺骨を砕くことです。日本の法律には遺骨遺棄罪というものがあるため、遺骨とわかる状態で海に投げ入れた場合、この法律違反を問われる可能性があります。

また、関係者で話合いをしておかないとのちにトラブルとなる可能性があります。自然葬を扱う業者もたくさんあります。業者に頼むのであれば海洋自然葬が定番です。また、近年自然葬の中でも注目されているのが許可を得た区画に樹林を墓標とし遺骨を土にかえすという樹木葬です。

どのような方法で実施したとしてもすべて散骨してしまうとあとで供養したい時に困ることもあるので一部の遺骨をペンダントや小さな骨壺に入れて残しておくという方法も検討しておくとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *