自然葬に関するいろいろな情報

葬儀は火葬を行った後にお墓に納骨するのが一般的な葬式の方法ですが、自然葬というものを選択する人もいます。自然葬とは葬儀後に海や山や庭や場合によって海外を選択する場合もある、故人にゆかりのある場所に散骨する方法です。一般の葬儀所では行っていない場合もありますから、もしこの方法で行う場合は専門のところで行うことが、やり方に戸惑うこともなくなるので便利な方法といえます。また広い意味合いでは風葬や鳥葬や土葬なども自然葬に含まれます。

こういった方法は文化や国などによって現在でも普通に行われています。同じくこういった方法を認めない国もありますから好きなように出来るわけではありません。この方法を選択してもいいと考えている人は、統計などを取ってみると一部だけ行ってもいいという風に考えている人も含めると過半数を超えているという結果も出ています。実際に行う場合は火葬を行って送り出すところまでは一緒になります。

墓に入れないのであれば49日の法要で散骨のタイミングになります。散骨を行った場合はお墓をつくる必要はありません。現在では少子化というお墓を守ることが非常に難しい時代になってきています。この為にこういった方法を選択したいと考えることは多くなってくるのではないかと考えられています。

またお墓がない分大事だと考えられているのが位牌です。ここに故人の魂が宿るという風に考えられているので、位牌にはお金をかけることが大事と言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *