あなたは自然葬を知っていますか

自然葬とは現在の主流である墓石を用いた埋葬方法とは異なり、遺骨を直接自然へ帰したり墓標に人工物を用いない供養の方法の事です。その目的は墓石の下ではなく海や山などに遺体や遺灰を還す事で、人間の根源たる自然の中へ魂ごと回帰するという思想にあり、大まかに言えば、風葬、鳥葬、水葬、火葬、土葬、植樹葬、冷凍葬など墓石以外の自然に属するものへ葬る事が該当します。近年この自然葬は昔に比べて需要が高まってきています。純粋に万物流転の法則に従い自然と同化し、回帰したいという考え方はもちろんですが、中には核家族化や少子化によりこれまでの家系を重んじた墓の管理体制を維持する事が困難になってきているなどの理由で選択する人が増えてきているのです。

先祖代々の墓が既にある場合を除き、現代では新たに墓を建てる事は費用や立地の問題で難しい場合が多いでしょう。その為共同墓地なども注目を浴びつつあります。自然葬もそういった意味では墓を建てずに供養できるとあり、故人が遺族の負担を考え埋葬方法に指定するケースも少なくありません。ただし行う場合は法律に抵触しないよう最大限の注意を払う事が求められます。

自然葬はあくまでも埋葬方法の一種なので、死亡届や葬儀の手配などを怠らず、また火葬許可証をもらわなくてはいけません。また遺骨を散布する場合は散布先の土地の所有者に事前に許可を取り付ける必要があります。ですがルールさえ守れば自然に帰るという埋葬方法はナチュラルでとても素晴らしいものです。死というものは誰の上にも降り注ぐものですから、年齢にかかわらず死後自分がどのように眠りたいか、その一つの方法として自然葬について考えてみるのもいいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *