自然葬の種類と特徴とは

自然葬とは従来の日本で行われていた墓石を用いる葬儀法とは異なり、遺骨を直接自然に還したり墓標として人工物を使用しないものを示します。海や山などの自然に遺灰を還すことにより、自然の大きな流れに回帰させるという葬儀法です。近年の日本では自然葬を望む風潮が強い傾向にあります。その理由は自然へ還したいという思いの他にも核家族化や少子化などにより長年続いてきたお墓の管理体制が保てない、という社会的問題も大きく関係しているようです。

自然葬には風葬や鳥葬・水葬など実に多くの種類がありますが、日本で一般的に行われているのは海葬や山葬でです。海や山へ遺灰の一部を撒く散骨と、墓標として墓石の代わりに樹木を植えて埋葬する樹木葬が主流です。日本の法律において散骨は節度を保ち行われる限り問題はないとされています。ただし散骨する土地の所有者の許可を取ったり、遺骨のサイズを調整するなど様々な規定があるのが特徴です。

散骨を行う際は、しかるべき業者に依頼をして執り行う必要があります。また樹木葬は墓石の代わりに樹木などを墓碑として、遺骨を埋葬す葬儀方法です。樹木層は故人が遺灰となった後でも、樹木となって生き続けるという理由から最近では希望する人が増えてきたといいます。また自然環境にも優しいという観点から、里山再生活動の一環として行われるケースもあるようです。

樹木葬は墓地として許可された場所でしか行うことができず、通常の葬儀と同様に埋葬許可証が必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *