葬儀の形を生前に決めることも大切です

現在の日本は少子高齢化であり、今後もこの傾向が加速すると予想されています。低所得者と高所得者の差も広がり続けています。そのなかで、心配事のひとつにあげられるのが葬儀になります。誰もが人生の終わりとなる日がくるもので、家族や身近な人たちに迷惑や負担をかけないように旅立ちたいものです。

その葬儀の形式にはいくつかの種類があります。一般的に多く行われる形が仏式葬になり、各宗派の僧侶による読経で行われるものです。また神式葬やキリスト教式葬があり、教会や斎場を利用するものもあります。無宗教の場合には、自由葬や音楽葬として焼香の代わりに献花を行ったり、亡くなった人が大好きだった曲とともに見送る形もあるようです。

近年では終活という言葉とともに、人生の終わりの日を元気な身体でいる間に、自分で決めておくという人たちも増えてきているようです。これには、残された家族などの負担を少しでも軽くしたいとの思いが込められているものです。その思いが強い人は、生前葬という自身の葬儀を自分で決め行う形をとる人もいます。葬儀に参列してくださり生前お世話になった方々に、直接お礼を自身が伝えることができるのが特徴になります。

時代の流れとともに、人生の終わりとなる日を自身で決めておくことも大切なことといえそうでう。少子化の影響で、家族以外の方にお願いすることも増えてくるため、より元気で生活できる間に自分にあった方法を考えておきたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *