一般的な葬儀の流れについて

大切な方が亡くなってしまった場合は最後のお別れのセレモニーとして葬儀を行います。その一般的な流れとは、まずご臨終がありその翌日には自宅に安置し、枕教をあげ一晩過ごします。この段階で葬儀社の選定や会場の取り決め、死亡届や火葬許可証といった書類提出、また菩提寺や故人に縁のある方への連絡、新聞社のお悔やみ欄などの手配も終えておかなくてはなりません。葬儀業者の選定が終われば内容の打ち合わせや見積もりなどがスピーディーに行われますので、予算確保などは慎重に行わなければ後々になってトラブルになるため注意が必要です。

そして、その翌日にお浄めの儀式として、白装束への着せ替えや化粧など御遺体を整え、出棺し通夜会場へと向かいます。通夜は夜間に行われ、大半の会場は宿泊施設があるため、故人と最後の一晩を過ごすことが可能となります。その翌日には葬儀告別式が行われ、その後火葬となります。火葬を終えると、会場に戻り、中陰法要や初七日法要を前倒しで行うことが最近の主流となります。

ご臨終からの一通りの流れは以上となります。一般的な葬儀は家族、親戚、友人、職場の同僚、近所の方など故人に縁があった方が集まる盛大なものとなるためその費用は非常に高額となりますので、故人、または喪主の貯蓄や死亡保険、参列者からの香典などを充てることで賄うことが多いようです。それでも費用の捻出が難しい場合は、規模の小さい家族葬という選択肢もあり、最近になって注目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *