神道、キリスト教の葬儀のマナー

神道の葬儀・告別式は、玉串奉奠という拝礼のしかたと「御香典」の代わりに「御榊料」を持参するという違いはありますが、大きな流れは仏式と大差はありません。供物には野菜、鮮魚、果物、清酒、菓子などが用いられて、服装も仏式の場合と同じと考えてよいです。神道の葬式は「葬場祭」といい、神道ではすべての儀式の前に必ず清水で身を清めるというしきたりがあり、これを「手水の儀」といいます。本来は葬儀場でも行いますが時間がかかる為最近では省略されることが多くなりました。

仏式の焼香に相当するのが玉串奉奠です。これは紙垂の付いた榊を供えて故人の冥福を祈る儀式になります。大きな注意点として「忍び手」があり、ふだん神社にお参りする感覚でつい、柏手を打って音をたてがちですが、ゆっくり右手と左手を合わせながら2~3ミリくらい離して音を立てないのがコツです。神道の作法と同じく、キリスト教にも葬儀のマナーがあります。

キリスト教の葬式は教会で行われます。葬儀に対する考え方は、故人が生前に神から受けた恵みを感謝して、故人を神の手にゆだね、天国で永遠の安息が得られるように行うものです。ですから喪主や遺族、一般弔問客との区別はなく、このような点が最後のお別れに重点が置かれる仏式や神式の儀式と異なります。自分が仏教徒でも協会の葬式に数珠を持って参加するのは禁物です。

讃美歌や聖歌の一節や祈りの言葉の唱和がありますが、信徒でなければ聞いているだけでよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *