葬儀スタイルの変遷について

葬儀とは、故人を偲び厳粛にお別れをする儀式です。昔は盛大にするのが一般的でした。しかし、最近はずいぶんしきたりが変わってきています。まず、葬儀スタイルですが昔は家で近所の人たち総出で手伝いをしてするものでしたが現在ではほとんどの人が葬祭場で行うようになりました。

これは地域によっても違いがありますが、やはり隣近所との付き合いも希薄になってきていることが大きな要因の一つとなっています。また、近年は式場により様々なプランなどもあり、生前から自分で葬儀のプランを練っておく人も少なくありません。最近では家族葬も増えてきており、昔のように盛大にというものではなく、故人と本当に親しかった人や親族のみで行い、あえて亡くなったことを知らせないという事例も増えてきています。ですので後に知った場合には、できるだけ早くお悔やみに遺族の家へ行かせてもらうということになります。

また香典もお断りするというようになってきていたり、香典を受け取る際でも以前でしたら四十九日の法要の後に満中陰志としてお返しをしていましたが、近年では受付の場で弔問客にお返しのカタログなど渡すというようなシステムをとっている式場もあります。このように全てにおいて簡素化されてきています。仕事や家庭の事情で何度も集まるのが困難な場合などでは、葬儀当日に納骨・初七日まで済ませておくこともできます。このように、時代に沿って葬儀のスタイルもかなり変わってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *