自然葬の中の選択肢とは

葬儀の方法や形式の選択肢が増えたと同時に、従来の葬送方法ではないオリジナリティのあるものが求められる世の中になりました。自分の人生の幕引きを自分でプロデュースするということもありますが、核家族化や少子化、独居などの問題も大きく関与しています。土葬も自然葬の中の一つですが、それが選択肢としてあげられることは多くありません。やはりその背景には「死んでから人を煩わせたくない」という思いからの自然葬に選択があると考えられます。

今人気が高い自然葬には、散骨タイプがあげられます。海や山に散骨を行います。クルーザーやヘリコプターを用いる場合もあります。地域住民とのトラブルを避けるため、クレームが発生しない土地で行います。

たとえ個人の私有地であっても、住民トラブルに発展することは少なくありません。やはり散骨は信頼できる業者に依頼し、間違いが起こらない土地で散骨を行うということが、一番の安全策です。近頃では宇宙葬も注目されています。ただし、宇宙葬とはいえ打ち上げロケットが外宇宙に到達するものではなく、地球周回軌道に乗せられるにとどまります。

それが宇宙ゴミとなってしまうという批判もありましたが、それに回答する明確なライセンスを受けているようです。衛星などに乗せられて外宇宙に向かう遺骨もありますが、今は多大な功績を残した著名人に限られています。一般人が本当の宇宙葬が可能になる日は、まだ先のことになりそうです。市川で葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *