自然葬と言う選択肢について

最近では墓石を持たず、美しい自然に還る事を望んで自然葬を選ぶ人が増えています。自然葬の形は様々あり、飛行機や船で海に散骨したり、山への散骨や、樹木を植えて供養する樹木葬もあります。遺族はあらかじめ故人の希望を聞いている人が多く、思い出の場所であったり、管理や供養の手間をかけさせたくないからとの理由で散骨を選ぶ人もいます。遺族は散骨した場所へ向かう事で、美しい自然に想いを馳せ、故人と過ごした日々が甦ります。

樹木葬の場合は植えた樹木の成長を眺めて故人を偲ぶ事が出来ますので、自然葬の中では多い方法です。樹木が若葉や花を咲かせる様を愛でる事で心が休まります。そんな自然葬ですが、正しく弔う為にはいくつか注意点があります。散骨は基本的には違法ではないのですが、あまりにも近隣の海や、許可なく他人の私有地へ散骨してしまったりすると問題になります。

海での散骨が出来る船の手配や、山の管理者への許可を取っておく必要があります。また、散骨時には遺骨を2mmから5mm程の細かなパウダー状にしておかないといけませんので、専門の業者に頼む必要があります。樹木葬はある程度年数が経つと土葬へ変更する場合もありますので、確認が必要です。きちんとルールを守って心置きなく故人を偲ぶ為には埋葬法ごとに正しい知識を身に付ける事が重要です。

誰にも迷惑をかけずありのままの姿で自然に還る事が故人の遺志なので、望みを叶えてあげる事が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *