自然葬である散骨の注意点

自然葬が見直されてきていますがその中で散骨もおこなわれるようになりました。遺骨や焼骨の埋蔵については墓地埋葬法等に関する国の法律がありますが、散骨は想定外で法律違反ではないとの見解をだしています。法律的な問題がなくても慎重にしないとトラブルになる可能性がでてきます。土地に散骨する場合はその土地の所有者の許可が必要で埋葬許可証のコピーなどをみせるとよいでしょう。

人家や建物から離れた場所でおこない水源を避けることも大切です。また散骨を事業として土地を確保する場合地域住民との間でトラブルになることも考えられ、条例によって規制されてる場合もあります。海で散骨する場合は海岸ではなく沖でおこない養殖場などを避けるようにします。規制はなくてもモラルや自主ルールが大切なのです。

自然葬として遺骨を全部散骨してしまうと、故人と直接に向き合う場が亡くなってしまうことになります。散骨が故人の希望で、おこなうのが喪主であっても、近い親族には同意を得ておいたほうが後のトラブルを避けるためにも大切です。例えば配偶者が故人の兄弟などに説明せずすべての遺骨を散骨したことで問題になるなどのケースです。また散骨と樹木葬の違いがわからないという場合も考えられますが、同じ自然葬でも明確な違いがあります。

散骨は墓地でないところに遺骨をまくことですが、樹木葬のように墓地である山林などに遺骨を埋めることは埋葬になります。埋葬するのには墓地の利用料などが必要で、散骨の場合は海や山にまくので使用料はいりません。ただし業者へ依頼すれば費用はかかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *