自然葬のメリットとデメリット

近年では葬儀の仕方やお墓の在り方についての考え方も様々です。今までは先祖代々同じ墓地に眠る事が主流となっていましたが、最近では自然葬という言葉を耳にする様になりました。自然葬とは遺灰を墓地に還すのではなく、山や海や川などの自然に還す葬儀の方法です。樹木葬といって自分の墓石の代わりに植樹をするというのも自然葬のひとつです。

自然葬のメリットとしては、墓石を購入する必要が無いので費用的な負担が安く済むという事と、少子化が進む中で先祖代々のお墓を守ってもらう事が子供にとっての負担となってしまう事もありますので、その様な負担が軽くなるというメリットがあります。お墓を守ってくれる家族がいなくなってしまった時に、お墓が荒れ果ててしまうという事もありませんし、コンパクトな納骨堂でも維持費が掛かりますが、維持費も必要ありません。しかし、一方でデメリットもあります。お墓参りをしたくても指標となる物がありませんので、散骨した場所などを思い出の場所としてお参りする形になります。

また骨なども後から取り戻すという様な事も難しいです。生前からの故人の要望があり遺灰を自然に還すという事を選択した事を周りの人にも納得してもらえればトラブルになる事はありませんが、故人の要望を聞かずして遺族だけで自然葬を選択してしまうと、まだ新しい埋葬の形で一般的には馴染みが無いので親戚などから反感を買ってしまうこともありますので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *