今注目されているのは自然葬

日本国内の高齢化と少子化が進む現代において、亡くなった人の葬法も多様化してきています。従来の石碑を用いるお墓ではなく、樹木などの人工物ではないものを墓標にしたり、海や山といった自然の中に遺体や遺灰を還したりといった自然葬が注目されているのです。この葬法は、広い意味で日本古来から行われていた風葬や土葬も含んでいます。では、なぜ今になってこの葬法が注目されているのでしょうか。

それは「自然に帰りたい」という願いを抱く人が増えたこともありますが、それに加えて少子化に伴って継承者が減ってきたので、継承者が不要という自然葬のメリットに惹かれる人が増えつつあるからなのです。また、自分の子どもや孫に、死んでからも負担をかけたくないと考える人が増えていることも影響しています。加えて、墓地や霊園を新たに造成しなくても良いため、環境にも優しいという魅力もあります。ちなみに自然葬の発祥は、葬儀される側の「自然に回帰したい」という願いを叶えるためにうまれた自然環境の中への散骨タイプと、墓地などの造成をしないで環境を守るという理念からうまれたタイプの二パターンがあります。

日本国内では、自然に回帰したいという希望を叶えるタイプが多いです。しかし、散骨に関しては行政の手続きが必要であったり、散骨禁止区域があったり、多額の金銭負担があったりとまだまだ難しいのが現状です。自然葬を望むならば、生きてる内にある程度の準備をしておく必要がありそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *