予備校に行くことによる学力向上

昔に比べて現在の予備校は数が多く、授業料は安くなっています。今や高校受験、大学受験を成功させるために多くの生徒が利用しています。また、学校の定期テスト対策や苦手教科克服のために利用する生徒もたくさんいます。最近ではパソコンを使った動画による授業が普及しており、時間に拘束されることなく自分の好きな時に授業を受けることができます。

またパソコンを使った授業は巻き戻しができるため、1回聞いただけで理解できなくても再び再生できるという利点もあります。反対に生身の人間が生徒に勉強を教えるスタイルは生徒がその場で分からないところを質問できるという利点があるため、わざわざ集団授業、個別授業をする予備校を選ぶ生徒もいます。こうした学習環境が整った予備校に行っている生徒はそうでない生徒に比べて学力が高い傾向にあります。一度学校で習ったことをもう一度学習することができるからです。

他にも理由があります。予備校は公立学校に比べて入試、大学、高校などに関する情報を豊富に持っています。それらの情報を駆使して進路相談をします。また高校、大学入試の過去問を分析し、生徒に優先的に勉強すべき分野を教えることで、生徒がより効率的な勉強を実現することができます。

大学に進学しないと将来いい職につけない現代にはこういった予備校の存在は大変大きなものとなっています。教育熱心な保護者が自分の子供の将来を考えて行かせるというのも最近の傾向です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする