予備校の有効的な利用の仕方

大学受験や資格試験のために予備校に通うことは、今では一般的なことになっています。では、その中で一歩抜きんでるためにはどのようなことをすればいいのでしょうか。今回は、その一つの方法として予備校をより有効に利用するための方法を紹介します。もちろん、通う第一の目的は「授業」を受けることであることは間違いないですし、それを第一に考えるのは当然のことです。

しかし、それに加えて予備校の設備や制度など、「サービス」面をいかに有効に利用するか、ということがこれからのほぼ全員が予備校へ通う時代において競われる点になってきます。具体的に言うと、設備面では自習室の充実や、休憩室など気分転換の場があるかどうかになってくるでしょう。特に、普段の勉強の場となりうる自習室は机の数の多さ、机同士の距離や孤立の仕方などの環境を考え、自分にとって最適な環境を持つものを選ぶことが大事なこととなってきます。また、制度面では、チューター制度や採点制度などの有効利用が役立つ点として挙げられます。

記述式の問題があるような試験に向けて、自らの書いた記述題をスムーズに採点してもらえる環境があり、それを利用することで一歩抜きんでることことが出来るようになるでしょう。また、目標となる結果に応じてそこへの至り方や伸びしろなどを示してもらえるような制度を利用することも勧められます。ただ予備校に通うだけではなく、そこに存在している「サービス」面に注目し、それを有効利用することでよりよく利点を確保することを考えてみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする