予備校の選び方について

予備校は、試験を受験する者に対して、前もって知識や情報を提供する教育施設のことです。予備校といってもいくつかの種別があり、専修学校、各種学校、無認可校があり、また設置者も学校法人、財団法人、株式会社、個人など多種多様です。いずれにしても、金銭を支払ってその対価として、目的とする試験に合格するための知識や情報を得ることが目的になります。予備校を選ぶさいのポイントとしては、目標とする試験に対して強みがあるかどうかです。

多くの予備校では評価システムを導入しているので、事前のテストで実際にその試験に合格するかどうかを判断することができるようになっていますが、教育の内容については講師によるマンパワーに頼るところが大きいのが実状です。そのため、教え方の上手い講師に与えればそれだけ効率よく知識を得ることができることになります。予備校を選ぶさいには、第一に継続し易い環境にあるかという点です。難しい試験になればなるほど行うべきカリキュラムが多くなり、また教育の期間も長くなります。

また評価テストなどで脱落するリスクが高まります。そのため、これらの逆境に耐え抜けるだけの環境が整っているかどうかが選ぶポイントになります。いくら有名だからといっても通う距離が長距離になれば脱落リスクが高くなりますし、場合によっては家庭教師を選ぶ方が良い効果を得られる可能性もあります。また費用も比較の対象になります。

個別指導であるほど高い効果を得られやすいメリットがありますが、講師との相性がより出やすくなるデメリットがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする