家庭教師にどんな指導を頼んだら良いか

家庭教師に自宅に来てもらうにしても、指導方法は子どもの年齢や親子が家庭教師に求めるニーズによって違ってきます。まずは子どもの性格を理解してもらった上で、より適切な指導をしてもらうことが大切です。中高生の場合、親が子どもの実態を伝えたとしても、この年頃の子どもは恥ずかしがったり弱点を言われていると考え、とても嫌がるものなので、子どもがいない時に前もって親と家庭教師だけが自宅か電話ででも話し合っておくと良いです。家庭教師が教育のプロといっても、何でも最初から親子の望みに答えられる訳にはいきません。

しかし希望を伝えることは大切です。家庭教師にとっても、自分が子どもにとってより良い指導をし、子どもが学習への意欲を高めてくれることは何よりもうれしいことだからです。小学生なら、日頃の学校での学習にそった勉強や、中学受験を目指しているなら志望校への合格へ向けた対策が中心となってきます。中学生なら、1、2年生の場合は部活動と勉学との両立を目指しての学習指導が中心になります。

定期考査前なら対策をしていくことになります。3年生の場合、内申点のことを考慮すると定期考査も侮れません。定期考査前に慌ててテスト勉強しても中3レベルにもなれば内容も難しく日頃からの予習復習もしっかりしておかなければなりません。そこで、定期考査対策を常日頃行い、高校受験への準備をすすめていきます。

高校生なら、苦手科目克服を中心にしながら大学受験への準備をすすめていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする