【失敗しない家庭教師選び】

家庭教師は、アルバイト教師からプロ教師まで、男性・女性、様々な先生がいます。ご家庭のニーズによって、どのようなタイプの先生を選ぶことができるかが、家庭教師の大きな魅力です。【アルバイト教師かプロ教師か】アルバイト教師の多くは大学生や、大学院生などの学生が担当していることがほとんどです。メリットとして、先生が学生ですと、生徒と教師の年齢が近いので共通の話題が多く、良い関係を築きながら授業を進めてくれることが多いです。

勉強嫌いなお子様や補習をメインにしたお子様にオススメです。プロ教師に比べて圧倒的に月謝や報酬が安く済むところもポイントです。それに比べてプロ教師は、月謝や報酬は割高になりますが、指導歴が長い先生が多いので、確かな結果を求めるご家庭にオススメです。特に高校受験を控えるお子様や、中学受験を控えるお子様などは持っている情報量が多いプロ教師の方がオススメです。

アルバイト教師に比べて、安定した知識と指導を期待できるところもポイントです。【お子様と同性の先生か、異性の先生か】一概には言えませんが、結論から言うとお子様と同性の先生のほうがトラブルも少なく、勉強に集中できる環境が整いやすい傾向にあります。もちろん、相性などもあるのでお子様の性格を考慮して決めるのがベストな選択です。同じ趣味の話で盛り上がれたりと、メリットも多いですし、なにより距離が縮まっても恋愛に発展するリスクが低いことが最大の理由です。

アルバイト教師とプロ教師、同性の先生と異性の先生について記述しましたが、相性などもありますので、参考にとどめておいてください。体験授業を行っているとことも多数ありますので、それを受けてから考えるのも良いでしょう。お子様の人生に影響を与える家庭教師ですので、選ぶ際は会社や先生が信頼できるかどうか、しっかりと調べてからお願いするのが良いでしょう。家庭教師選びの参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする