家庭教師を選ぶときのポイント

家庭教師を選ぶときのポイントが3つあります。1つは子供との相性です。教師の経歴や経験に目が映ってしまいがちですが、仕事と違い、必ずしも子供の成績に反映するとは限りません。特に勉強の意欲を子供が欠いている場合には聞く意欲も低下してしまい、相性が重要になってきます。

教師を探す際には、どのような性格の教師を希望するのか提示するのも一つの手段です。次に礼儀のある人物を選ぶようにしなければなりません塾に行けば年上に対する礼儀を学ぶ機会もありますが、家庭教師は家に来訪するため、子供が礼儀を学ぶ環境は親と教師の関わりしかありません。教師の教えるという行為は勉強を教えるだけではありません。その意味を理解している教師を選ぶ必要があります。

最低限の挨拶、また子供の勉強の進捗状況を報告してくれる、親の話を聞いてくれるなど細やかな配慮が出来る事が好ましいです。しかし、子供との相性を考えると子供と年齢が近い方が親しみやすいと言われています。そのため年齢の若い教師を頼む事になった場合、最低限の行って欲しい礼儀は教育上、大切にしたいと事前に伝えておくのもいいでしょう。最後に重要なポイントは様々な学習方法を知っているという事です。

その教師自身が学んだ手法が子供に合うとは限りません。教師が子供に合った手法でなければ無駄な時間を費やす事になってしまいます。家庭教師はマンツーマンで費用も高額です。合った教師を見つけるためには時間はかかってしまいますが、細かな条件を提示して探さなければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする