家庭教師が向いている生徒

学校ではなかなか発表もできずに授業で目立たない生徒がいます。どうしても発表しようとしてもいまひとつ自信がなくて手を上げられない、したがってきちんと評価してもらえないために、成績がいまひとつ出ず、自信につながらないということがあります。こうした場合には集団塾のように学校と同じようなタイプの授業形式がとられている場合には、学校とさほど変わらない場であり、それほど成果が期待できない場合があります。確かに個別塾の場合にはある程度講師を占有できる場合がありますが、それにも限りがあります。

個別とはいっても少人数の場合もあり、必ずしもその学習ペースを合わせてもらえるかと言うと必ずしもそういうわけには行かないかもしれません。このような様子の生徒が家庭教師の選択をした場合についてはどうでしょうか。しっかりと教師へ学習したいこと、わかるようにしてほしいことなどを自分の言葉でいいので伝えます。しばらくやり取りや質問に答えることでそれは果たせるでしょう。

したがって遠慮せずに自分がこうして欲しいとか、進路の希望を誠実に伝えることです。熱心な教師であれば、そういった切実な願いを聞いてよい方法を考えてもらえるでしょう。しかも塾とは違いある程度生徒自身の性格や思考の特徴に合わせて、授業内容や教え方を工夫してもらえるでしょう。したがって臆せず先生に何でも尋ねるといいです。

そして何よりいいのは、いくら発表をしても構わないことです。むしろせっかく家庭教師をお願いしているのですから、しっかり応答してわかるようになっていくことができるわけです。引っ込み思案の性格でも家庭教師の場合には、周りを気にすることなく答えてみたり、自分の意見を行ってみたりすることができます。それを繰り返し行っているうちに自信がついてくることでしょう。

そのやり取りを通じて、学校でも少しずつ発表ができるようになるかもしれません。中学生の個別指導塾のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする