家庭教師を効果的活用するには

家庭教師に勉強を教わる場合に、ふだんどんなふうに勉強したらよいか説明します。このようにすることで効果的に家庭教師による学習を補完できるはずです。先生からはおそらく、週に1~2回程度教わる形態の場合が多いのではないかと思います。多い人でも週に3回ほどでしょう。

そうすると残りの日については自分で学習することになります。週1、2回教わる程度ならば、その習ったことについて次に先生が自宅に来るまでに3、4日、長い場合は1週間空いてしまいます。忘れてしまってもおかしくありません。どんな人でも1週間たつと半分も覚えられていないと考えられます。

その際に、家庭教師でその週に教わったところについて、集中的に見直しをするといいです。自分で短い時間でいいので習ったことを見直してみます。家庭教師を教わる際に使ったノートや問題集、参考書などを読み返してひとつひとつ思い出してみます。流れに沿って見直していくと忘れかけているところがはっきりするはずです。

このように忘れないように維持する作業を行うと、次に習う際に復習の時間を費やさなくてよいことになります。その際にやった問題などがあれば再び解いてみます。解けるようなら忘れていません。このようにあいだの曜日については、復習をしていくと、次に先生が来られたときに、その続きからきちんとつなげて教わることが可能です。

このようにすると家庭教師を利用する上で最も効率良く勉強が進捗するようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする