日本語教師のやりがいとは

日本語教師の使命というのは日頃は母国語を使っている外国人に対して、正しい日本語を短期間で教えることといえます。

そのため我が国で義務教育を受けている小学生や中学生を教えるのとはわけが違う部分が多く、国語教師の免状を持っているなどという自負だけではまったく太刀打ちができないところがあります。
それだけに逆に日本語教師としてのやりがいや手応えを感じる部分はあるはずですので、もしもこれからこの道を目指そうとしている場合には、大いに期待してもよいといえます。

今までになかった日本語教師ならこちらのサイトがオススメです。

日本語教師の特殊性はいくつも挙げられますが、たとえば日本語をほとんど理解していない外国人を相手にするという点を考えてみても、オーディオリンガル法や直接法などの工夫をしなければならず、これは国語教師とは大きく異なるところです。



もちろん英語などの言語と日本語を併用するスタイルもありますが、実際のところ生徒の国籍や母国語もばらばらという場合のほうが多く、現場でそれが通用するかどうかはケースバイケースといえます。


また勉強に対して無関心なことが多い日本人の生徒とは違って、学習意欲はきわめて旺盛なことが多いのも特徴であり、これは教師の側のやりがいを喚起する要素でもあります。



その背景には日本で早く就職して賃金を得たい、留学によって学業を身に着けたいといった切実な願望があるからにほかなりませんが、その思いにこたえる上でも教師の側の努力がたいせつとなってきます。